過払い金の請求手続きについて

バナー

過払い金の請求手続きについて

払い過ぎてしまったお金や利息を表すものに過払い金があります。現在、盛んに耳にする過払い金は、グレーゾーン金利に対して用いられており、ここでは、消費者金融やクレジット会社、また、他のカード会社などの貸金業者などがその対象になっています。



かつて、消費者金融などでは、貸付の利率に出資法による29.2%を用いており、そのために利息制限法によって定められた、15.0%~20.0%の利率とは大きな差が生じることになっていました。
そして結果的には出資法による貸付が裁判判例で違法という判断が下され、その差額に対して過払い金の請求が行われることになります。過払い金請求は、借入履歴がしっかりと残っている場合や、借入先が、例えば、1~2社などの少ない場合には自分でも行うことができますが、履歴が無いなどの場合には相手側から資料を取り寄せる必要があり、この場合には、なかなか難しい面が生じる場合があります。

そのために、請求では弁護士や請求金額によっては司法書士に依頼をすることが多く、ここでは、まず、依頼主との委託契約の後に、相手側に受任通知を送ることによって手続きが進められることになります。


弁護士等は、相手側に取引履歴の開示を求め、利息を引き直した上で残元金も含めた金額をだします。



既に支払いが完了している場合には、払い過ぎた分を相手側に請求することで、入金がされれば完了となりますが、決着がつかない場合には裁判所を活用しての解決法を選択することになります。



Copyright (C) 2016 過払い金の請求手続きについて All Rights Reserved.