AED, レンタル, 医療

両国の消化器内科の腸内洗浄で細菌フローラをリセット

腸内フローラの改善ということが美容や健康、アンチエイジング対策で話題になっています。フローラというのは、お花畑のことです。腸内には、種類も数も膨大な細菌がいます。それら細菌は種類ごとに腸内で棲み分けをしていて、ちょうど同じ種類の花がまとめて植えられているお花畑に似ているというのが腸内フローラの言葉の由来です。

細菌には、それぞれ特徴があります。体に対して有益な働きをしてくれる細菌もいますが、そうでない細菌もいるのが腸内の環境の難しいところです。膨大な数の腸内細菌は、大きく分け善玉菌と悪玉菌に分類されます。善玉菌というのは有益な細菌、悪玉菌は困った状態を作り出す細菌です。

腸内フローラが善玉菌優勢のお花畑だと、食べた物の老廃物が排出しやすい便にすぐに作り換えられてスムースに体外に出ていきます。しかし悪玉菌の勢力が強いと便は硬く排出しにくくなり、排便に必要な腸の蠕動運動も妨げられて便秘でお腹が張る原因です。両国の消化器内科では、腸内フローラの改善のための腸内洗浄を行っています。腸内洗浄というのは、ハイドロコロンセラピーとも呼ばれるアメリカ生まれの医療セラピーです。

両国の消化器内科の腸内洗浄では、殺菌済の温水を高圧で大腸内に直接注入し洗浄します。ハイドロコロンセラピーで洗浄できるのは、直腸から盲腸部までと大腸全体です。両国の消化器内科の腸内洗浄セラピーを受けると、腸の内壁の襞に溜まった長年の便の残りである宿便やガス、そして細菌群や死骸も一気にごっそり体外に出ていきます。お花畑という考えで見ると、いったん畑がリセットされた状態です。

悪玉菌優勢の腸内環境を善玉菌優位に変えていくのは大変ですが、リセットされた状態であれば善玉菌を殖やしやすいといえます。両国の消化器内科では、腸内洗浄後に乳酸菌やオリゴ糖のサプリ、食物繊維の多い食事指導などで善玉菌の定着しやすい腸内環境づくりを指導しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です