AED, レンタル, 医療

両国の消化器内科へ行けば胃潰瘍の痛みを治せます

過労や精神的ストレスなどで自律神経が乱れると、胃酸と胃液のバランスが崩れて、胃酸が増え過ぎ、胃粘膜まで消化するようになります。胃壁がただれて傷ついた状態になるので、痛みを感じますし、悪化すると筋肉までえぐりとってしまうので、両国でこの病気になったら、早めに消化器内科で治療を受けるようにしましょう。胃潰瘍になると、みぞおちから左にかけての鈍い痛みがあったり、黒褐色の血を吐くようになります。痛みを感じるのは食中、食後に多いのですが、なかには痛みを感じない人もいて、その場合は吐き気や胸焼け、すっぱいゲップなどの症状があります。

胃の出血を起こすと、コールタールのような黒い便が出るので、放置してはいけません。両国の消化器内科で内視鏡検査やバリウム検査を受ければ、すぐに病気かどうかがわかります。検査を受けて、胃潰瘍だと判明したら、次は胃がんになっているかどうかを調べられます。がん細胞がなければ、胃がんにはなっていないので、大抵は薬物療法と、食事療法を含む生活指導で治療します。

昔は胃が出血していると、入院や手術をしないと治せなかったのですが、近頃はそれさえも薬で治せるので、通院だけで完治することが出来ます。胃に穴が開いているときは薬だけでは治せず、手術が必要なので、両国の消化器内科で勧められたら承諾するようにしてください。胃潰瘍がピロリ菌の感染によるものだった場合は、薬剤で除菌しなければならないので、胃の調子が悪いときは市販薬だけに頼るのではなく、両国の消化器内科に行きましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です