AED, レンタル, 医療

治験ボランティアが新薬を生み出す

インターネットの情報サイトなどを見ていると、高額アルバイトのひとつに治験が紹介されているのを目にすることがあります。実際には仕事ではなく有償ボランティアなのですが、短期間でまとまったお金が手に入る例としてよく挙げられています。治験とは、製薬会社が新薬を発売する際などに行う臨床試験の一種です。医薬品を市場に出すには国の承認を受けることが必須とされていますが、この承認を受けるには効能や安全性などを示すための具体的なデータが求められます。

このデータを取得するために行う試験のことを、治験といいます。開発の最終段階にあるため安全性はすでにかなりの程度まで立証されていますが、完全にノーリスクであるとは言えないため、ボランティア被験者への謝礼も高水準となります。治験の進め方にはいろいろなやり方がありますが、一般的には製薬会社や試験実施機関のホームページを通じてボランティアを募集するところから始まります。年齢や持病の有無など条件を設定した上で応募者を募り、健康チェックを経た上で選抜を行います。

そして候補者に対してはコーディネーターや担当医師が試験の目的・リスク等について説明し、本人の同意を得た上で参加の意志確認をします。新薬開発の場合、実施する医療機関に数日程度入院して定期的に薬を投与し、体調を検査するというスタイルが一般的です。参加者が自宅で薬を用いた上で、時々通院して検査を受けるというやり方もあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です