AED, レンタル, 医療

墨田区の内視鏡検査で判断できる様々な病気

墨田区で内視鏡検査を受けたい場合には、内科や消化器内科などにおいて受けることが可能です。おう吐や下痢腹痛などが続いているとき、胃腸炎になっている可能性がありますし、頻繁にげっぷが出たり胸焼けするといった症状が続くときには逆流性食道炎になっていることも考えられます。潰瘍やポリープといった可能性がある場合も墨田区で内視鏡検査を受ければ、食道から胃、大腸に至るまで詳しく調べることが可能です。ポリープが小さいサイズであれば、検査と同時に取り除いてしまうことができて便利です。

クリニックによっては、別日に切除することもあります。クリニックに行ったら、すぐに検査が行われるわけではありません。診察を受けて検査日の予約をすることになります。墨田区で内視鏡検査を受けるとき、胃あるいは腸内を空っぽにする必要性が出てくるので、前日に決められた時間以降は食事を食べないようにしたり、お酒やたばこも控えなければなりません。

薬を服用している人は、対応を医師に相談しましょう。大腸検査では、下剤等を使って腸内をきれいにする必要性があります。検査が午後からであっても朝からクリニックに出向き、検査に備えることになる場合が多いので、1日クリニックにいるものと考えたほうが良いでしょう。切除されたポリープは、がんになっていないか細胞を精密に検査し、2週間後ぐらいに結果が分かります。

口から入れると苦しいため、鼻から入れるクリニックも増えてきましたが、鼻の内部は狭く傷つきやすいことから口からしか入れない墨田区の内視鏡検査もあります。のどに麻酔をすることで苦しさを和らげることが可能ですから、医師と相談をしましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です