AED, レンタル, 医療

20代から定期的に受けるがん検診

がん検診は、二十歳を過ぎたら定期的に受診することによって生命に関わる病気から健康を守ることができます。近年の日本ではがんによる死亡数が上昇し、発病する年代も若齢化してきています。女性に多い乳がんや子宮頸がんも二十代や三十代に発症するケースが増えています。がん検診を受診することによって悪性の腫瘍を早期の段階で発見することが可能です。

乳がん検診の場合はマンモグラフィー検査と乳腺エコー検査を行い、石灰化やしこりがないかをチェックします。医師による触診でしこりが確認できる大きさは1cmほどの大きさに増殖してからでないと発見できません。マンモグラフィーや乳腺エコー検査では5mm程度の腫瘍を発見することが可能です。1cmを超えてから発見した場合は血管やリンパ管を侵襲した浸潤ガンで発見される事が多いですが、5mm程度の場合は早期発見となり乳管内にがん細胞が留まっている可能性が高くなります。

病巣が小さければ小さいほど5年生存率や再発のリスクが減少し、摘出手術をする場合も乳房を全摘出をしなくても、腫瘍部分だけを切除する温存手術ができる可能性が高くなります。二十代や三十代で発症する若年性のがんは男女ともに進行が早いのが特徴なので、早期発見を行う事はとても大切です。早期発見の早期治療が出来れば治療で身体にかかる負担も軽くなります。がん検診を定期的に受ける事は病気による生命の危険を回避できる手軽な手段です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です