AED, AED レンタル, レンタル

AEDのレンタルはどこでできる?

AEDは自動体外式除細動器などの意味を持つ医療機器、心肺蘇生の役立てることができるなどからも公共施設や企業オフィスなどで設置が加速化しています。AEDの文字を見たことがあるけれども、これはレンタルするものなのか、それとも購入するものなのかなどの疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。また、万が一の備えで用意しておくための医療機器で普段使うことがない、このようなイメージをお持ちの人も多いといえます。確かに、万が一の備えで用意しておくと安心に繋がるもので、普段使うことはないのですが、患者さんの素肌に直接取り付けて心電図を解析する役割を持つ電極パッド、駆動源になるリチウム電池にはそれぞれ有効期限があるため定期的な交換が欠かせません。

AEDを導入する方法には、リース契約を行う方法とレンタルの2つがありますが、工事現場などのように一定期間だけ利用する事務所などにはレンタル、会社のオフィス内など固定している施設ではリース契約といった選択肢が一般的です。なお、導入の際にはAEDそのものの使いやすさや電源オンスイッチのパターンがどのようになっているのか、音声ガイダンスそのもの品質がどのようなものであるのか、これらはあくまでも選択するときのポイントの一部になりますが、長期間や短期間などに関係なくAEDはどのようなものを導入するのが良いのか、レンタルやリース契約などに関係なく確認しておくと良いでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です