AED, AED レンタル, レンタル

AED購入とレンタルの相違とメリット

AEDで多く行われている契約方法は購入とレンタルです。他にもリースなどもありますが、は耐用年数を考慮すると長期契約でメリットは得られないのでリースは不向きと言えます。購入する場合の一番の利点は総コストがレンタルと比較して安い点と、機種を自由に選ぶことが出来る点です。ですが初期費用が高額となり、AEDを購入すると15万円~30万円程かかります。

さらにAEDの維持費用、管理方法、メンテナンスなどを全てを購入者が管理しなくてはいけません。だから初期費用を抑えたい、メンテナンスは業者に任せたいという人はレンタルがお勧めです。それに対してレンタルは限定された機種の中から選ぶことになりますが、扱い方がよく分からない人、メンテナンス方法を知らない人はとりあえず購入は避けた方が無難と言えます。あとAEDを借りる場合は、最初にまとまったお金が必要ないのも大きなメリットです。

また一度購入してしまうと耐久年数が切れた時に、新しいモノに買い替えなくてはなりません。ですが借りている場合は新しいモノに選びなおすだけで、月額料金にはさほど違いはないと言えます。他にも中途契約が選択可能なので、利用する期間がはっきりしていない場合は購入するのはリスクが大きいと言えるでしょう。借りる場合は中途解約だと多少のキャンセル料は発生するケースもありますが、保守、廃棄といった手間は全部業者が行ってくれるので負担が少ないのが特徴です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です