AED, AED レンタル, レンタル

備え付けておきたいAEDはレンタルで賄う

心臓は全身に血液を送るポンプのような役割をしていますが、たまにその筋肉がけいれんを起こし、ポンプ機能が失われる恐れがあります。例えば持病の他に、災害などの現場や事故などで起こるケースもあり、そういったケースでは一刻も早くAEDで電気ショックを与えることで元通りに心臓が動くようになります。実際に人がいきなり倒れる事象は、頻繁に起こっており、救急車を呼ぶのが一般的ですがなかなか到着しないことも多く、そうしている間に死亡に至ってしまいます。そこで誰もが安心して利用できるAEDを備えておけば、周囲の人が心臓停止の場合にもその措置を行うことで助かるケースも多いです。

年間でも全国で1500件ほどAEDを利用されている事情もあり、意外と必要になる救助用の機器となります。一般的に多くの人が集まる施設では、AEDを備え付けておくことが求められますが、それを購入するのは適切ではないです。大抵はレンタルすることが理想で、それは多くの費用を要せずに使用料を払うだけで済む利点があります。それ以外にもいざというときに使えなくてはいけないのですが、購入しておくと年月の経過とともに腐食したりもします。

そこでレンタルであれば使用料を払っている分だけ、定期的なメンテナンス・修理などにも対応するので、万が一の場合にも使うことが可能です。もちろんレンタル品は、誰も利用できるように音声でガイドをする最新のタイプがあり、必要に迫られても操作を迷うことはなかったりします。AEDは最新のタイプを利用することが優れているので、レンタルの方が良いのは確かです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です