正しいオフィスコーヒーの選び方
2019年12月15日

コーヒーマシンの特徴について

コーヒーマシンとは、コーヒーの粉と水をセットして、ボタンを押すだけで手軽にコーヒーを自動抽出してくれる家電製品です。

近年では粉ではなくコーヒー豆から挽く全自動なコーヒーマシンなど、様々な種類が発売されています。そんなコーヒーマシンを大きく分けると、ドリップ抽出によりドリップコーヒー(レギュラーコーヒー)を淹れる機種と、エスプレッソ抽出を行う機種があります。ドリップコーヒーとは従来のコーヒー抽出法で、挽いて粉にした豆をフィルターで濾過して抽出します。

エスプレッソは細かく挽いた粉に、9気圧程度の圧力をかける事で抽出できます。また、エスプレッソに似た抽出方法のカプセルコーヒーは、密閉性のカプセルに1杯ずつセットされているため、酸化しにくく品質の劣化が少ないのが特徴です。ドリップコーヒーを作れるコーヒーマシンは、エスプレッソマシンよりも一回で淹れられるコーヒーの量が多く、コーヒーの粉をセットしてドリップするタイプの機種では1杯から10杯まで淹れられるマシンまで様々です。

エスプレッソの主流は1度に1杯から2杯であり、カプセルコーヒーは1杯ずつが基本です。エスプレッソを主としたマシンでは、エスプレッソコーヒーを原液にし、ふわふわとしたミルクの泡を注いだカプチーノや、泡を少な目にしたミルクを注ぐカフェラテも楽しめます。他にもカフェモカやキャラメルマキアートといった、カフェメニューのような飲み物を作れる機種も存在します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *