正しいオフィスコーヒーの選び方
2019年12月12日

コーヒーマシンで至福のひと時

コーヒーを飲みながら食後ゆったり物思いにふけるもよし、朝食にカフェオーレでトーストもよし、本を読みながらのむのもよし、3時においしいケーキとコーヒーでくつろぐことも最高の幸せです。

家庭では以前はインスタントコーヒーが主流でしたが近年コーヒーマシンの進歩と美味しい豆が安価に入るようになり家庭でも簡単にカフェなみのコーヒーがいただけるようになりました。コーヒーマシンは大きく分けてドリップ式、カプセル式、豆ひきから抽出まで連続するタイプに分かれます。ドリップ式は依然から一般的で紙の濾紙を敷いてその中に挽いた豆のこなを入れるタイプですがその都度濾紙の交換が必要で交換中不注意でよく回りを汚すこともありました。機械自体は安価でよく出回りました。

ただコーヒーの豆が素人では知識がないため又コーヒー豆専門店がそんなにあるわけでもないのでスーパーでの豆選びになってしまいます。なかなか思ったようなコーヒーにはありつけないのが現状でした。そこに出てきたのがカプセル式です。一杯づつカプセルになっており鮮度を保ちながら自動でコーヒーを作ってくれます。手入れも簡単で終わったらカプセルを捨てるだけです。

近年人気上昇中です。本格的なコーヒーを手軽に自宅で飲むことができます。カプセルも100円以内がほとんどで機械もドリップ式よりちょっと高いくらいです。豆ひきから抽出までのタイプは玄人むけ、あるいは店舗向けで本格的ですが機械のお値段も10万は軽く超えてしまいます。こだわりの方向けです。コーヒーマシンは身近になりました、おいしいコーヒーのひと時を自宅でも堪能しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *