正しいオフィスコーヒーの選び方
2019年12月9日

業務用コーヒーマシンは高機能

業務用コーヒーマシンの進歩は目覚ましいものがあります。

喫茶店以外でコーヒーマシンを見かける代表的な場所といえば、ファミリーレストランのドリンクバーと、コンビニの淹れたてコーヒーコーナーです。ファミリーレストランのコーヒーマシンでは、手の込んだエスプレッソも抽出可能なのですから、本格的です。最近のコンビニも負けてはいません。

ファーストフード店やコーヒーショップを脅かすような売れ行きを示すなど、顧客の支持を受けています。コンビニのコーヒーマシンも初期の頃はシンプルなホットコーヒーとアイスコーヒーのみでしたが、今ではアメリカンやカフェラテまで抽出可能になっています。そのほか、ソフトクリームをトッピングしてコーヒーフロートを提供すチェーンもあるなど、メニューもバラエティに富んでいます。

販売オペレーションとしては、顧客がレジでコーヒー代を払い、マシンにコップを置いてお目当てのメニューのボタンを押すと、マシンにセッティングしてあるコーヒー生豆が撹拌され、ドリップする仕組みです。お湯はどうやって補給しているのか不思議に思いますが、実は専用の配管がなされていて、自動で補給されるようになっています。

一方、家庭で使っているのはコーヒーメーカーですが、最近ではさらに上級のマシンと呼べる機器も普及してきました。コーヒー専門店、ファミリーレストラン、コンビニ、家庭と、それぞれの場所で利用されているコーヒーマシンは、美味しいコーヒーを飲むために、なくてはならない存在になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *