自分だけのラッピングカー
2019年3月15日

ラッピングカーを配送車両に行う利点とは?

配送車両への広告は道路を歩いている人や車を運転している人々からの注目を集めやすく、動く広告としての価値があります。

ラッピングを施したラッピングカーと塗装を比較した場合、コストが多く掛かるのは塗装、施工にかかる日数も塗装の方が長くなりがちです。常に同じ広告を記しておきたい場合には耐久性が必要になりますが、塗装も自動車関連のラッピング施工も、それほど耐久性は変わらないなどの共通点があります。しかし、配送車両などのラッピングカーの広告を1年おきに変えたい時、その差は大きなものとなります。塗装の場合はそれを取り除くために下地を傷つけてしまう恐れがありますが、ラッピングカーの場合は貼り付けてあるフィルムを剥がすだけで済むため、車体自体へのダメージがないのです。

フィルムを剥がす作業は決して容易なものではありませんが、経験豊富な施工業者にお願いすればきれいに広告を剥がして、新しいものを施工できるメリットを持ちます。また、自動車関連のラッピングは印刷したフィルムを貼り付ける手法ですから、異なる広告を数種類作成する、それぞれの広告を配送車両に施工することも可能です。何パターンか広告を作ることができるのも魅力ですし、広告を見た人々からの注目を集めやすくするなどのメリットもあるのではないでしょうか。

ちなみに、施工は印刷が行われたフィルムがあれば自分で行うことも可能です。但し、完成品質を考えた場合は専門業者に依頼した方がきれいに仕上がりますし、配送車両を使わないタイミングを狙ってお願いすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *