自分だけのラッピングカー
2019年3月6日

ラッピングカーは配送車両への広告に最適

自動車関連のラッピングは元々は愛車のカラーリングを変えたい、ツートンカラーにしたい時などに便利なアイテムとして人気を集めていたものです。

カラー印刷が行われたフィルムを車体に貼り付けるだけで好みの色やデザインに仕上げることができる、飽きた時にはフィルムを剥がせば元通りになるなどの簡易性も人気を集めた理由の一つと言えましょう。しかし、ラッピングカーは商用車や配送車両などにも施工が可能です。配送車両は工場で生産が行われた品物や部品を所定の場所に輸送するための車両で、ある程度同じようなルートを毎日のように走る車です。

勿論、色々な場所に荷物を届ける配送車両もあるかと思われますが、長時間道路を走ることでより多くの人が見るチャンスを持ちます。車両には自動車関連で使うラッピングで広告を記しておけば、多くの人々がそれを目にする、宣伝効果を期待することもできます。さらに、ラッピングカーを使うと、施工にかかる時間が短くて済むメリットもあります。

塗装で広告を記すとなると1台当たり数日を要してしまう、台数が多い場合にはすべての車両を施工することが難しくなります。その点、広告をフィルムシートに印刷して、それを貼り付けるだけで済むので、配送車両の保有台数が多い会社にも便利です。施工期間が短いため、業務で配送車両が使えない状況を極力抑えられるなどからも様々な業種の中でラッピングカーへの注目が集まっているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *