自分だけのラッピングカー
2019年2月6日

自動車関連会社のラッピングとラッピングカーについて

自動車関連会社はもちろんのこと、他の企業でも車をラッピングするサービスを提供しており、さまざまな会社のラッピングカーが街中を走っています。

ラッピングとはその企業の売りやサービス、電話番号などの基本的な情報などを載せることで宣伝に利用する小規模あるいは大規模な広告を貼り付けることを指し、ラッピングカーとはそういった広告を車体の一部や大部分に貼り付けて定期的に街中を走行している企業の車のことを刺します。これには自動車関連会社のみならず鉄道会社なども該当し、広告を外部に貼り付けた電車などもラッピングカーとして位置づけられます。

ラッピングの特徴としては、従来の車体に塗装をする方式と比べて非常に耐久性があるという点が挙げられます。従来の塗装方式は雨風や経年による劣化が目立ち、地域や季節によっては短期間のうちに塗装が剥げてしまい宣伝効果に影響が出てしまうという問題がありました。一方で自動車関連会社を中心に広まっているラッピング方式は、基本的に雨風などに強く、また剥がれにくいというメリットをもっています。

ラッピングカーに使用されているラッピング方式の特徴は他にもあり、従来の塗装方式ではできなかった即時の広告情報の変更が可能という点があります。塗装方式では毎回塗り直す必要がありましたが、シールタイプであるためその必要がなく、すぐに剥がして新しい情報を載せたシールを貼り付けて宣伝することができるというのが最大の特徴であり魅力のひとつと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *