自分だけのラッピングカー
2019年1月15日

メリットが豊富なラッピングカー

広告媒体といえば、テレビのCMやラジオ、雑誌や新聞などの紙媒体、最近ではインターネットのバナーなど、実にさまざまな種類が存在しています。

さらには看板などの昔ながらの広告も存在していますが、最近注目度が高まっている方法として、ラッピングカーという方法も存在しています。まずラッピングカーの場合、基本的には車体のボディを広告とするので、広告のサイズが他の広告と比較して大きいといった特徴があります。しかも自動車なので当然ですが走行も可能なため、人が多く集まる街中や駅前などを走行することで、自然に人々の目に広告が入るようにすることができます。

またそういった場所以外にも、高速道路ならば景色も単調なので、すれ違う自動車の車窓から、ラッピングカーが見えればやはり目を向けてしまいますし、イベント会場などに駐車していても、それだけでも目立つので充分な広告効果を見込むことができます。よって広告としては最適な方法ですが、ラッピングカーのメリットはそれだけではありません。

似たような塗装と違い、車体を包み込むだけなので簡単かつ低価格で利用が可能で、しかも塗装では難しい複雑かつ繊細な模様や絵柄、色彩なども表現できますし、風雨などの劣化による汚れや剥がれなどの心配もありません。おまけに役目を終えたなら元通りに戻すこともラッピングを解除するだけなので簡単ですし、新たな広告を施すこともそのままできるので、実に効率的に広告として利用できる方法でもあります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *