自分だけのラッピングカー
2018年12月24日

車のラッピングとは何か

車のラッピングとはボディにフィルムを貼り付けて、自分の好きな色やデザインにすることができるパーツのことです。

例えばタクシーやバスのボディに広告を載せる営業目的で使われています。ヨーロッパやアメリカが発祥のドレスアップですが最近では、痛車に使われるようになり、個人でもラッピングをしていることが多くなっています。車のラッピングは色やデザインを変えることができます。普通、色を変えるときは全塗装が必要ですが、これを使用すると簡単に変えることができます。またフィルムを貼っているだけなので、剥がせばもとに戻すことが可能です。

これは車のラッピングの大きなメリットです。塗装でデザインや色を変えたりすると、改造車扱いになったりするので売却する場合、下取り価格が大きくさがる可能性があります。しかしこれならフィルムを剥がせば元通りです。またフィルムは日焼けから守っていますので、下取り価格の下落をおさえることもできます。またフィルムは耐久性があり、キーで擦ったくらいでは破れません。おかげでボディに傷がつきにくくなっているのでまさに一石二鳥です。

ラッピングは専門業者に依頼する場合がほとんどです。フィルムを貼るには高い技術が必要だからです。例えばフィルムを貼るときに気泡がはいったり、ゆがんだりすることも多くあります。特に曲線に貼ることは素人では難しいでしょう。せっかくオリジナルのデザインにしても見栄えが良くないのではがっかりです。業者に依頼すると費用も30万円から50万円くらいかかりますが、出来栄えを考えるなら依頼したほうがよいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *