自分だけのラッピングカー
2018年12月21日

バス車体にラッピング広告を施すメリット

路線バスの車体に広告付きのラッピングを施す手法は一般的になりました。

始めは都営バスからでしたが、現在は各社取り入れています。それは既存のバス車体を用いるだけで広告収入が手に入るというお手頃ね点があるからでしょう。ラッピングの良さは他にもあります。施工時間は2~3時間程度と営業に支障がないほどで完成するところです。始発~終発までお客さんを乗せるため営業に支障が出ないことが重要ですので、この時間なら代わりがわりで施工することが可能です。

カーラッピングは特殊なフィルムを印刷してボディに貼り付けるだけで完成します。塗料でペイントするのとは違いデザインを変更するときにただ張り替えるだけです。ボディを傷つけたり汚したりしないことは、長く使う車両であるため大切なことでもあります。フィルムを貼っている間は外部からの汚れや紫外線によるダメージから避けられるというメリットもあります。広告費用が他のメディアと比べて安価なことも注目です。

出力と施工代で20万円~からであり、一度バスに施工してしまえばランニングコストがかかりません。例えば、テレビCMは15秒1本40万円~(年間1、920万円)、全国紙新聞広告1回290万円、駅ポスター7.6万円(1年継続400万円)などかなりの価格差があります。バスは公共交通機関であり生活に密着した乗り物ですので、毎日同じバスに乗ることが多いと思います。広告訴求効果といって同じ広告を毎日見ることで頭に刷り込まれる効果があります。コストパフォーマンスの良い広告だと言えます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *