自分だけのラッピングカー
2018年12月18日

車をラッピングするメリット

これまでは車のカラーリングや細かいイラストなどを入れるとなると、基本的には塗装をすることになり高い技術と施工するコストや時間がかかっていました。

最近はラッピングをするという方法があり、これにはこれまでかかっていた部分を払拭するメリットがあります。車のラッピングは、基本的にイラストや写真などの画像データをコンピューターで処理して作成され、車に貼り付けます。その方法は多種多様にあり、メーカーの純正色にない色やレザーやカーボン調など塗装では難しい色やデザインを表現することが可能です。

そのため、とても手軽なカラーリングが出来て最近ではイベントくらいでしか見かけないような派手なカラーリングをするものも見かけるようになりました。ラッピングは、貼り付けるだけではなく剥がすことも出来るので、例えばイベントや気分によって貼り変えることが可能で、商売をやっているところでは宣伝する効果もあります。施工時間も大幅に短縮し、部分的なものであれば費用も比較的安く抑えることができます。

ラッピングにより車の塗装面を保護する働きもあり、飛び石や木の枝などでのひっかき傷を抑えることが出来、長年による経年劣化の心配がなく手放すときの中古査定のマイナス評価を比較的抑えることができます。車のラッピングは、手軽に自由なデザインでオリジナルの1台を作ることができるうえ、傷などの保護にも役立ち、塗装面の経年劣化を防ぐ役割もあるなど、さまざまなメリットがあるといえます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *