自分だけのラッピングカー
2018年12月3日

フィルム施工のラッピングカーはメリットが豊富

一昔前までは、宣伝や広告を車で行う場合、専用の塗料を使って一つ一つ塗装するのが当たり前でした。

ですが、現在では技術の向上によって、専用のフィルムに好きな文字やデザインを印刷し、直接車に貼り付けるというラッピングカーが主流になっています。車に直接塗装する場合では、塗料の剥がれや傷が目立ってたとき、塗り直しという大変な作業が待ち受けており、デザインを一新したい場合は更に全部の塗装を落とすという作業が必須です。そのため、費用も高く時間と労力、そして技術までも伴うので、誰もが簡単に施工依頼できるという代物ではありません。

ですが、現在主流のラッピングカーでは、印刷の部分は機械作業で行われ、ボディへ貼り付けるにもある程度の技術さえあれば簡単にできることから、多くの企業や会社、イベント会社などで利用されています。このラッピングカーのメリットは、必要が無くなった場合にいつでもフィルムを剥がして元に戻せる点です。塗料の場合は一度塗ると元に戻すだけでも大変な作業で、塗料を落としても塗り直しが必要となります。

ですが、専用のフィルムならいつでも簡単に剥がせるため、傷がついた場合やデザイン変更など気兼ねなく元に戻して貼り直すことが可能です。他にも、車のボディを保護できる点や塗装よりも安価な点があり、塗装にはできない質感を簡単に表現できるなど、メリットが盛りだくさんになっています。個人での利用も気兼ねなくできるので、フィルム施工によるラッピングカーを活用すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *