自分だけのラッピングカー
2018年11月12日

普通車でラッピングをするメリットとは

ラッピングカーというと、バスなどに会社の広告を載せて走る、というイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし普通車でもラッピングカーとして利用することが出来ます。例えば好きなキャラクターやメッセージを付けたり、車の色を丸ごと変えることが可能です。ラッピングカーは塗装をするのではなく、フィルムのようなシートを張り付ける作業をします。そのため貼り付けも取り外しも、塗装より時間がかからず作業を完了することが出来るといメリットがあります。

また中古で購入しても自分の好きな色に手軽に変えることが出来、中古でありながら新車のような楽しみ方をすることも可能です。車の見た目を変える場合、塗装という方法もあります。しかし塗装をすると買い取りをしてもらう際に買い取り価格が低くなる可能性がありますし、塗装完了までの時間もかかります。

その点ラッピングを剥がせば元の状態に戻ることが出来、買取り査定に影響を与える可能性は低くなりますし、作業完了までの期間は、平均で1~2日間とされているので休日を利用することも可能です。しかしながら車は角ばっておらず、丸みを帯びています。

そのため曲線部分では思うようにフィルムを貼ることが難しくなるため、最高の仕上がりを求めるのであれば、専門の業者にお願いする方が良いでしょう。またラッピングをすることでオシャレや個性を出すことも出来ますが、走行中に小石などがぶつかりボディが傷つくことを防ぐことも出来るメリットもあります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *