自分だけのラッピングカー
2018年11月9日

ラッピングで世界にひとつだけの愛車

ラッピングによってクルマのカラーを変えるなら、純正にはないカラーを選びたいものです。

たとえば、カーボン調や無光沢のカラーです。カーボンは軽量化を図るために高級スポーツカーやレーシングカーなどで使用されることが多い素材ですが、ラッピングによってカーボン調に変えることができるのです。本当のカーボンではありませんが、ボンネットだけをカーボン調のラッピングを施すと、本当にそれっぽく見えるので効果は絶大です。

また通常クルマはぴかぴかと光り輝くからこそかっこいいわけですが、あえて無光沢な感じを表すのも意外性があってかっこいいものです。この場合は一部だけではなく全面にラッピングする必要がありますが、渋みがあり、見たこともない色合いに思わず人の目を惹きつけることでしょう。このように愛車を純正色にはないカラーリングに変えることで、少し大げさかもしれませんが世界でただ一つのクルマを手にしたような喜びを味わうことができます。

他の人と同じクルマではつまらないと思っている人にとっては、とても魅力のあることではないでしょうか。ただ気になるのは価格です。部分的に行うのであれば10万円以内でも可能です。しかし全面に行うという場合は軽自動車で30~40万円くらい、ミニバンのような車体が大きい場合は50万円~60万円くらいが相場となっています。しかし実際の価格は業者によって異なりますので、まずはしっかり見積もりを取ってみることが大切です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *