自分だけのラッピングカー
2018年10月21日

話題のラッピングカーとは何か?

ラッピングカーと聞いてすぐに何のことだかわかる人は、クルマによほど詳しい人か業界の人でしょう。

クルマをラッピングするというのは実際にどういうことなのかを、その言葉だけでイメージすることができません。ラッピングカーとは専用の特殊フィルムをクルマのボディを包み込むように貼りつけていくことを言います。その特殊フィルムには好きなデザインを印刷したり、カラーリングしたりすることができるために、効果的な宣伝広告を行ったり、好きなボディカラーに変更したりすることができるのが特徴です。

以前はクルマのボディを装飾するために、塗料を使ってペイントが施されていました。しかし、ペイントでは表現できないような繊細な描写があったり、一度塗装すると元に戻せないということなどデメリットが少なくありませんでした。そこで90年代になってから登場したのが、このラッピングという技術なのです。フィルムには自由なデザインを印刷することができるために、ペイントでは真似することができない繊細なデザインが可能となり、また一度貼ってもすぐに剥がすことができるという点も大きなポイントとなっています。

ラッピングカーを専門に手掛ける専門店ではデザインから携わり、コンピューターを使って実際に完成したときの絵を描いてもらうことができるのでわかりやすいです。施工も熟練のスタッフが丁寧に手掛けてくれるので自分で行うよりもはるかに安心です。耐用年数も5年前後あり、長く楽しむことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *