自分だけのラッピングカー
2018年10月18日

広告とラッピングカーの互換性

会社や商品のイメージアップにつながる広報は、会社の認知度を上げることにも役立てることができます。

営業車は不特定多数の人が集まる場所を走ることも多く、企業や商品広告をイメージしたデザインを行うことでブランド力のアップにもつながります。ラッピングカーは初秋している車両に簡単に施工することができるので、いつでも簡単にデザインを変更することができます。認識率が高ければ次につなげるアクションも同時に起こせるために、一定の販促効果を得ることも可能になります。

実際の店舗や事務所とラッピングカーのデザインを合わせたり、商品を想起させるデザインを施工することで、認識率の向上とともに記憶に残る素材としての効果も期待できます。販促をより効果的に進める場合には、次にリンクさせる仕掛けも必要になります。興味の対象を放置しないためにも、販促や広告の内容にはホームページやメールなどのアドレスを仕掛けると、ビジネス的にも広がりのある効果を保てます。

営業車両の多い業種において、車両はそのままラッピングカーにして営業目的を対外的にアピールすることで、営業の第一段階を省略できるうえに顧客側への話題の提供にもなります。地元を中心に営業を行っている会社であれば、地域性を生かした広告を使用するだけで、親しみのある雰囲気を作り出すことができます。ユニークなロゴマークやキャラクターなどを所有していれば、効果的な販売活動にさらに広がりを持たせることが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *