自分だけのラッピングカー
2018年9月24日

ラッピング広告を貸切バスに施す

貸切バスを利用するシーンは幾つかあると思います。

例えば、学校では修学旅行や社会見学、遠足などがありますし、企業では社員旅行や大規模な工場などへの通勤でも利用しています。また勉強会や研修会、スポーツクラブなどでの合宿、町内会や子ども会、老人会などでの団体旅行に貸切バスを利用することもあるはずです。その他にも少し遠くで行われるレジャーやイベント会場への送迎などにも手軽で便利です。

貸切バスのいいところは、出発地や目的地が鉄道の駅のように特定の場所にする必要がなく、また鉄道が通ってない所でもバスの通れる道さえあればどこでも行けますし、それに団体で使う場合は他の団体に気を遣うことなく車内で楽しく過せます。道路が渋滞した時には鉄道のように時間通りにたどり着けないといったデメリットもありますが、先ほど書いたように色々なメリットがあります。

さて様々なシーンで使える貸切バスですが、ちょっと変わったことも出来ます。それはラッピング広告です。ラッピング広告とは、車や電車、もっと大きいものでは飛行機やフェリーなどに貼り付ける広告のことです。例えば、駅で電車の車体に大きく企業の製品やキャラクターなどの広告を施したものを見たことがあると思いますが、それのことです。

塩化ビニール製の大きなフィルムに印刷しており、それを貼り付けているだけなのです。バスのボディはかなり大きいですからラッピング広告をするとかなりの宣伝効果があると思います。ある程度の期間、貸切バスを利用するシーンがあればラッピング広告を考えてみるいいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *