自分だけのラッピングカー
2018年9月15日

貸切バスは旅行だけ?今ではラッピング広告も出来ます

貸切バスと言えば大勢で旅行に行く際などに使われるイメージがあると思います。

鉄道とは違って駅まで行く必要はなく、皆が集まりやすい所に来てくれたりもするので大変便利です。それに列車の場合は、遅れてくる人がいた際に時刻をずらして発車するといったことはしてくれませんが、貸切バスだとそれが可能です。また目的地の宿泊施設の玄関前まで行ってくれたりもするので楽に旅行が出来ます。こういったことがあるので、団体旅行に利用するイメージが強いと思うのですが、実は貸切バスの用途はそれだけではないのです。

例えば、大勢の従業員を抱える企業などにおいては、最寄駅から勤務地まで近ければ歩くと思いますが、遠い場合は何らかの足が必要です。そういった時に送迎に貸切バスを使えます。その他、学校などでも同様でしょう。鉄道が近くに無い場合は通勤や通学にそれを利用することは合理的です。さて、バスは今や大きな動く広告としてもよく知られています。いわゆるラッピングバスです。ラッピングには塩化ビニール製の薄いシートが使われます。

それに広告を印刷して車体に貼り付けるだけなのです。塗装と違って張り替えるだけなので手間がかかりません。これを通勤や通学のバスに貼り付けると送迎しながらその企業や学校の宣伝が出来るのです。バスの車高はかなりあるので、横に乗用車が来ても上半分ぐらいは見えます。企業では新製品の、そして学校では校風が分かる楽しい雰囲気のラッピング広告をするといいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *