自分だけのラッピングカー
2018年8月24日

営業車のラッピングについて

営業車のラッピングというと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。

一般的に多いものは、企業名が車体の横部分に入っているものです。このような車はどのような影響を与えることができるのでしょうか。それではまず、営業車のラッピングの効果について触れていきたいと思います。営業車というものは、その企業の社員の方が外回りなどで外出の際に使われることが主です。

そういった利用がなされると、街中を通った時に人目に触れます。この点に大きな意味があります。例えば「こんな企業があるんだ。」であるとか、「この企業はこのあたりにもあったんだ。」であるとか、そのような企業の宣伝を行うことができます。

やはり、企業としては多くの人に知ってもらい、知名度を上げたいと思うものでしょう。そうすれば、いずれその人が顧客になってくれるかもしれないからです。また、宣伝だけがラッピングの仕事ではありません。すでにその企業の顧客になっている方々にも効果はあります。

例えば営業をしに行ったり、商談に行ったりするときにラッピングされた営業車で行けば、すぐにどの車が相手の企業なのかがわかります。福祉系の団体の車であれば、利用者の方やその親族の方に自分、親族を迎えに来るはずの車がどれなのか、あるいは来ているのかがわかりやすいです。

以上のように、目印のような役割も果たすのです。大きな役割としては、上記の2つのようなものがあります。このようなことを知った後で街中を走っているラッピングカーを見ると、以前とは違った見方ができるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *