自分だけのラッピングカー
2018年8月21日

車両ラッピングでイメージチェンジができる

営業用の車両に限らずラッピングは、自家用車でもオリジナルデザインにこだわる人などに利用されています。

営業車であれば企業や会社の宣伝などをデザインして、人目に付きやすい場所を走るだけで会社に対する認知度は上がります。デザイン模様に交換できるために、効果が薄いと感じればすぐに取り換えることもできますし、新しい商品が出るたびに内容の変更を行うことができます。

イベントなどにおいてもシャトルバスなどに共通のデザインを取り入れることで、一体感を持たせることもできます。車両ラッピングのデザインに関しては、どのようなデザインにも対応することはできますが、個人のセンスや趣味の範囲内で楽しめることが大切です。

周囲に不快感与えるデザインや、法律に抵触するようなものは控えるべきです。塗装と違って印刷したものを張り付けるイメージなので、車体にダメージを与えることなくオリジナルカラーやデザインを楽しむことができます。文字やロゴなどをデザインすることができるために、利用方法はいろいろあります。

車両のラッピングは仕上りもきれいで扱いも簡単ですが、塗装に比較すると施工が高額になるので、個人で利用するためには十分に検討することが大切です。塗装と違って補修が不可能で、傷がついたりすると修復することはできません。

耐久年数も塗装と比べると低くなります。デメリットも考えられる車両ラッピングですが、定期的にデザインを変えることでイメージを容易に変化さえることもできるので、衣装を変えるような感覚の選択も考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *