自分だけのラッピングカー
2018年8月3日

車両ラッピングの魅力はデザイン力

車両ラッピングには様々な魅力がありますが、とりわけデザインが自由にできるというのが大きいです。

パソコンで描くことができるデザインであれば、すべてそのまま印刷して車のラッピングすることができます。社名だけのシンプルなものから、キャラクターを配置したり写真印刷を行うことも簡単です。難しい点を挙げるとすれば、車のボディラインに合わせたデザインをしていく点です。

トラックのように大きな長方形の面がある場合は比較的簡単ですが、普通のセダンやハッチバックのようなクルマであれば、フィルムを貼ることができる面積が限られてきますし、形にも注意しなければなりません。最終的なデザインは施工業者と相談しながら決めていくことになります。

また一度デザインが確定すれば、後はクルマの台数だけ同じデザインのラッピングを施していくことができます。営業車を追加するような場合にも便利です。しかも作業は非常にスムーズかつスピーディに仕上げていくことができます。このような点は従来の塗装とは大きく異なる点の一つと言って良いでしょう。

ラッピングの耐久性について不安を感じている方もあると思います。使用状況にもよりますが、4~5年程度は使用可能です。そして無理に剥がそうとしないかぎり、同じ状態を維持することができます。洗車に関しても特に大きな問題はありませんが、洗車機を使用するのはなるべく控え、手洗いで優しく洗っていくほうが長持ちします。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *