自分だけのラッピングカー
2018年7月21日

営業車にラッピングを程して宣伝をしよう

会社の中での営業マンの役割は顧客との折衝や契約などがあります。

会社の車を利用して顧客の元に駆け付けるケースも多いわけですが、会社の車はいわゆる営業車であり、会社が所有している車両です。車体には会社名やブランド名などを塗装して自社のアピールを行うケースは多いかと思われますが、塗装を行うと別の表示に変えたい時には塗装をきれいに剥がさなければならない、工数が多く掛かることになります。ラッピングの場合は印刷したシール状のフィルムを張り付けるだけで済みますし、剥がす時にも特殊な工程を行うことなくきれいに剥がすことが出来るメリットを持ちます。

レンタカーなどを営業車にしている時でも、ラッピングを使えばきれいに剥がした状態で車両を返却することが出来るため、社用車として利用したい時などにも便利です。営業車を使うことが多い会社などの場合、様々な場所に向かうため車を走らせることになるわけですが、ラッピングを使って会社の宣伝を行えば目にする人の数がより多くなるので宣伝効果にも繋がりますし、営業を行いながら宣伝が出来るメリットを持ちます。

一般的に宣伝をするためには街頭でチラシ広告を配布する、チラシ広告を印刷してダイレクトメールで不特定多数の人々に郵便物を送るなど、意外と手間や時間が掛かってしまうことも少なくありません。仮に手間暇やコストが掛かっても売上増に繋がるのであれば良いわけですが効率よく宣伝を行う時などは営業車のラッピングが便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *