自分だけのラッピングカー
2018年7月18日

営業車にはラッピングが最適です

ラッピングしている車を見かけることがありまうが、気軽にシートを貼ることができ営業車などの利用している人が多くいます。

ラッピングするにはまず車両をきれいに洗浄します。ゴミなどが付着していると車両を傷つける原因になるので注意が必要です。いくつか方法があり、例えば単色シートやシンプルな絵柄の場合、洗浄した後で十分に乾燥させてから施工したいところにシートを貼り、スキージと呼ばれている施工ツールで端に向けてシワを伸ばしながら施工します。接着面が特殊加工されているなら簡単に貼ることができ、営業車に気軽に貼ったり外すことが可能です。

イラストなどの角度や位置を選択するものについて、洗浄した後に中性洗剤を少し溶かした水を貼る対象物と貼っていくラッピングシートの接着面に吹きかけ、貼る方の面の中央か貼っていくところの面積が多い場所からゆっくりシートを載せていきます。同じくスキージで内部の水を少しずつ中心から外に向け抜きつけて行き接着していきます。工程が進んだ段階において必ず水気をきれいに処理することが大事です。

きちんと除去しないと接着力の低下などに繋がるからです。車のボディは局面なのでどうしても貼りにくいところが出てくるでしょう。そのようなところはドライヤーの強い版であるヒートガンをシートから離し、ゆっくり温めながら伸ばし縮めたりして貼っていくときれいに貼ることが可能です。営業車などの簡単に貼ることができるので便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *