自分だけのラッピングカー
2018年7月9日

車両ラッピングでオリジナルカーを作り上げる

オリジナル性の強い自分だけのクルマに乗りたいという人は、エアロやアルミホイールなど様々なオプションパーツを装着してドレスアップを楽しんでいますが、さらにその上を行きたいというのであれば、車両ラッピングが注目です。

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、これは特殊な薄いフィルムをボディの一部、あるいは全体に貼りつけます。これによりボディカラーを変えてしまったり、好きなデザインを楽しむことができるようになるのです。たとえば、オリジナルには設定されていないカラーで車両ラッピングをすれば、世界にただ一つのオリジナルカーに仕上げることができます。

人気があるのはボディ全体を光沢のない色合いにしてしまったり、カーボン調のラッピングをルーフやフロントのボンネットの一部にだけ貼りつける方法です。スポーティな雰囲気が出て注目されること間違いなしです。

フィルムは後から簡単に取り外すことができるので、飽きてきたら違うフィルムに貼り変えることもできます。また将来売却するときには取り外して元の状態に戻すことで買取価格を下げることなく売却することができます。もしボディを塗装してしまったら、このように元の状態に戻すことができません。高額買取を期待する場合はできるだけ元の状態に戻すことが大切です。さらに、車両ラッピングをしていたことでボディを傷や汚れから守ることができので、査定価格がプラスに働く可能性もあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *