自分だけのラッピングカー
2018年7月6日

移動車両は簡単にラッピングが実現できる

移動する手段に使われる車両には、新車で購入した外装そのままの状態で走るよりラッピングすることであらゆる効果が期待できます。

これはカーラッピングとも言われていますが、会社や企業では高い広告効果やイベント時にはイベントを最大限に盛り上げる効果、映画などでは観客数の増加など魅力が満載です。とくにキャンペーンの告知には効果的で、走ることで多くの方が目にとまる理由から車両のラッピングは利用しない手はありません。

このラッピングはどの車両でも可能で、現在では塗装よりも専用のフィルムによる方法が一般的です。塗装による方法は施工時間がかかるだけでなく、料金も比較的高めですが、専用のフィルムによる方法ではインジェクトメディアによって印刷します。素材はポリ塩化ビニルなので、柔軟な曲面にも貼り付けできるとともに綺麗なデザインを印刷することが可能です。

この素材は耐久性や耐候性も持ち合わせているため、移動する車両すべてに貼ることができます。一般的な車はもちろん、タクシーやバス、トラック、バイク、船、鉄道など多彩に施工でき、デザインを変更したいときは簡単に貼り替えられるのもポイントです。近年は一般の車ユーザーでも積極的に施工を施しており、ワンポイントのデザインから車両全体を覆うデザインまで綺麗に貼り付けする車を見受けられます。ゲームやアニメのキャラクターをモチーフにした痛車もこのラッピングカーの一部と言え、仕上がりの技術は誰が見てもかなりのものと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *