自分だけのラッピングカー
2018年6月21日

配送車をラッピングすることで

配送車両を保有していて、車両の視覚効果から宣伝効果を出してみたいと考えた時には、カーラッピングをすることで社名を視覚的にわかりやすく伝えることができます。

専門的に行っている会社であれば、技術とノウハウを駆使したインパクトのある宣伝が可能になります。車両の依頼前と後の比較写真がホームページに比較画像として掲載されているので配送車にラッピングを施した場合の変化を予測することができます。概ね無地の車体はラッピングを施すことで彩り鮮やかな印象に変化します。依頼する際には、ホームページから問い合わせていき、簡単な見積もりを作っていくことからになります。カーラッピングは配送車の形態にあわせたイメージ画像を作成するところからはじまります。

どんな模様にするか決まったらシートを印刷します。つぎに印刷したシートを配送車に貼付けていきます。配送車とシートの間に空気が入らないようにし、貼り終わった後にしわにならないように注意します。この作業には熟練した技術が必要です。車体が盛り上がっている部分にはシートに熱を加えるヒートガンを使って車の形状にシートをマッチさせていきます。

ラッピングには車体の全体に行うものと、一部分にシールを貼付けたようなものがあり、それぞれに値段設定が異なります。イメージデザインは自分の考えたオリジナルのものでももちろん利用することができ、入稿の際には手書きにするのか、エクセルやワードあるいはフォトショップやイラストレーターといった主要なデザインソフトには対応してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *