自分だけのラッピングカー
2018年6月3日

営業車ワンポイントから全面までのラッピング広告

営業車をより効果的に使うためには、交通手段の足として使うだけでなく、宣伝カーとして利用すると2重の効果を期待することができます。

営業車を動く宣伝広告として利用するわけです。従来は小さく会社名やロゴなどのステッカーを張ったり、塗装したりするだけでした。しかし、最近は営業車のラッピングという新しいクルマのボディへの宣伝方法が誕生し、そのことによって宣伝効果が飛躍的に高まっています。カーラッピングというのは、薄い特殊なフィルムに必要なデザイン広告を印刷し、それを営業車のボディに直接貼り付けるものです。

ワンポイントはもちろんのこと、ボディ全体に貼り付けることも可能です。もしボディ全体にラッピングをすればかなり目立ちますので、宣伝効果もより一層高まることでしょう。フィルムはとても伸縮性があるので、カーブや凹凸のあるところでも問題なく貼り付けることができます。DIYでラッピングを行うことも可能ですが、綺麗に仕上げたければプロの専門業者に依頼するほうが無難です。

その際にはデザインも合わせて以来することもできます。自分でデザインするのは難しいという場合は、すべてをプロにお任せするのも手です。また、一度フィルムを貼り付けると、3年から5年程度は問題なく使い続けることができますが、耐久性は使用状況によって異なります。営業車を屋内駐車するのに比べて屋外で駐車する場合は、フィルムはいつも直射日光にさらされてしまうことから寿命は少し短くなってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *