自分だけのラッピングカー
2018年5月24日

配送車両のラッピングについて

大通りや街中や高速道路などで、長距離運送用の大型トラックや地域運搬用の小型トラックや軽トラックやライトバンなどの横側面や後部にラッピング広告をつけて走る配送車両をよく見ます。

配送車両にラッピングをして道路を走る事には次のようなメリットがあります。配送車両にラッピングを行う事によるメリットは、走行中に常に広報活動をずっと続けられる事です。

車両に広告を塗る時に初期費用が掛かりますが、その初期費用を払ってしまえばそれ以降は費用0円で長期間宣伝広報活動を継続できます。特に頻繁に街中を走る宅配トラックやバスに広告を貼ってスポンサー企業などの広報活動を行えば、広告収入を得て車両購入費用などに充てる事が可能です。

それ以外の配送車両のラッピングのメリットは、配送業務を行う車両は行距離が多くて外装に対する経年劣化が激しいので、広告を頻繁に貼りかえる事で車両の外装のダメージを軽減させたりダメージを受けた外装を誤魔化す事ができます。

使い古された中古の運搬車両に広告を貼って外装を綺麗にして走らせる運送業者もいます。配送車両のラッピングを行う他のメリットには、自社の広告やスポンサー企業の広告を貼って走行している事で車両が目立っているため、ドライバーもその目を意識して安全運転を心掛けるようになって交通事故を減らす事ができます。

何故なら乱暴な運転をしたりモラル違反の駐車違反をしていると広告に掲載されている企業や団体に抗議の電話が殺到してしまうからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *