自分だけのラッピングカー
2018年5月12日

営業車両に広告をラッピング

営業車両には通常会社の広告やロゴマークなどを付けて、宣伝カーを兼ねているものです。

ひと昔前であれば直接ボディにペイントしていましたが、最近はもっと手軽にできるラッピングが主流となってきています。伸縮性のある特殊なフィルムを使い、その上に広告やロゴマークを印刷することで綺麗なデザインに仕上げることができます。

印刷が可能なので手書きのペイントでは不可能だった写真のラッピングも可能です。貼り付け自体も簡単で、凹凸がある部分でも伸縮性があるので問題なく貼り付けることができます。もちろん、簡単とは言えそこは熟練のプロの技に頼った方が綺麗に仕上がります。

営業車両のほかにも、トラックやバス、電車などでもラッピングは人気です。知らず知らずのうちに多くの人が目にしているはずです。営業車両にラッピングを施す場合は企画から始めます。

お客様から要望やイメージをお伝えすれば、業者がそれを元にデザインし、完成予想図を通して提案してくれます。プロの手にかかると本当に素晴らしい宣伝効果の高いデザインを提案してくれます。

その後、施工する営業車両を念入りに採寸するなどの調査を行い、手作業で仕上げていきます。使用されるフィルムは耐久性が高い特殊なもので、使用条件によっても変わってきますが3年から5年は持ちます。

途中で広告を変更したいという場合でも簡単に剥がして新しいデザインのものに変えることができるにもラッピングの大きな魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *