自分だけのラッピングカー
2018年5月6日

営業車におすすめのラッピング

営業車を効果的に使う方法として、ボディに会社のロゴマークを入れたり、カラーリングを純正色とは少し変えて目立たせたり、ポスターなど宣伝したいものを貼りつけて使う方法があります。

そのような営業車をよく見かけることでしょう。では、そのようなロゴマークやカラーリングなどはどのように行えば良いのでしょうか。最近は直接ペイントするのではなく、ラッピングと言う方法を通して行うことが増えています。

ラッピングというのはプレゼントなどと包むときに使う言葉ですが、営業車に特殊なフィルムを貼ることもラッピングと言います。ロゴマーク程度であれば、価格も安く、簡単に行うことができます。ボディ全体をキャラクターで一杯にすることも可能です。少々費用はかかりますが、フィルムにキャラクターの絵を印刷し、その後ラッピングすれば究極の宣伝カーが完成します。

目的の宣伝が終われば剥がして元通りにすることができます。ここが直接ボディにペイントするのとは違う点です。耐久性という点ではペイントの方が上ですが、元の状態に戻すことができるので、目的の宣伝が終わったり、売却するときに有利です。さすがに営業車のロゴ入りでは売却することが難しいからです。

ラッピングをどのように用いるかはアイディアしだいです。効果的に利用するためにも、まずは専門店のスタッフと相談しながら、どのような加工ができるのか、費用はどのくらいかかるのかなどを確認してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *