自分だけのラッピングカー
2018年4月30日

自動車を包み込むラッピングとは

ラッピングとは包むという意味がある言葉で、通常プレゼントを綺麗な包装紙で包んだり、賑やかな入れ物の中に入れたりするときに使います。

ところで、自動車をラッピングすると言ったら何をイメージするでしょうか。いま文字通り、ボディを特殊なフィルムで包み込んだラッピング自動車が増えているようです。

元々のボディカラーとは全く異なる色合いのフィルムを貼りつけることでイメージを変えたり、ルーフやフロントの一部だけにフィルムを貼ってスポーティなイメージを演出したり、あるいはキャラクターやロゴなどを印刷したフィルムを貼ったりなど、使い方も色々です。

ラッピングの優れた点は、簡単に自動車のイメージを変えることができることです。塗装を行うのに比べると、作業時間を大幅に短縮することができ、費用も大幅に抑えることができます。

また、剥がせば元の状態に戻すことができるので、売却するときにデメリットになることもありません。むしろフィルムでカバーしていたおかげで、元の塗装が傷むことがなく綺麗な状態を保つことができるため、買取価格アップを期待することもできます。

また純正色には種類に限りがあります。自分のお気に入りのカラーがなかったり、他の人と同じカラーではつまらないという人もいることでしょう。

そのような場合でもラッピングであれば自由にカラーを選ぶことができ、世界でただ一つの車に仕上げることができます。これも大きなメリットと言えるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *